「建設中。」勝田尚哉写真展

恵比寿駅すぐの「アメリカ村ギャラリー」にて、
友人でもある建築写真家の勝田さんが、
個展を開くということで昨日行ってまいりました。


会場には1200幅の印画紙にプリントされた建築現場の写真が展示され、
その大きさのもつ威圧感と奥までピントがあってる確かさ、 色の再現印刷技術などに引き込まれました。

今は「現場ツアー」など少しずつ出てきてるようですが、
現場では監督側にいる勝田さんじゃなきゃ入れない、
いわゆる「危ない秘密の場所w」であるだけに、興味ワクワクです!
通常スマホで撮る写真にはどうしてもパースがかかってしまいますが、
ここでは垂直に、そのまま図面に起こせるようなアングルがとても自然、だけど新鮮で、
これ、ジオラマにしたら面白いだろうなあ~とか食指うごうごですw

取り壊しのため、
あるいは新しく作っていくためだけにかけられて、
そして終わったら撤去されてしまう、
「短い命」にもののあはれを感じる「足場」が好きです。

さらに足場にカバーなどかかってると
「中はどんなだろう!!!」
風なんか吹いて、ひらひらしてるだけで「く~~~~っ!」そそりますw
現場にはクレーンが今まで使っていた建物を無残に壊していたり、
ニッカーはいたおっさん達が危ないところにヒョイヒョイよじ登ったり、
かなりずっと見ていたいものがあるんですが、
それが更地になって、新たな息吹が吹き込まれていく工程も
ものすごく好きで、記憶用として
わざわざ写真撮りに行ったりしてます。

そんな私の「覗き趣味」をマックスに見せてくれちゃう、この個展、よかったです~!
本も出してて、個展では安く買えます。早速購入!
まるでSFのようなシーン満載です。

●今回出版について10月に、NHKと建設通信新聞からも取材受けたそうで、
https://www.facebook.com/shouya.katsuta
行った日の日経新聞にも載ってました!すげー!
本はアマゾンでも購入できます、
これ、旬です!
個展は12月4日(月)まで入場無料でやってます!
シャイな勝田さんが熱く語ってくれます。

(写真は設置場面。大きさがわかりますね)

1500人目の美術展

こういう体験って生涯何回あるかな?

来場者1500人目としてお祝いされちゃいました。
星野富弘「花の詩画展」@相模原グリーンホール多目的ホール

入口もぎりに寄って行くなり3名ぐらいのスタッフに囲まれた!
(ややや?なんか悪いことしたか??)

「おめでとうございます、あなたが来場者1500人目です!パチパチ・・」
サプライズプレゼントまでいただいちゃいました!(写真)

星野富弘は45年中学の体育教師になった直後、頸椎損傷し手足の自由を失い、筆を口にくわえて文字と絵を描く画家となった人で、以前から興味ありました。
幸い地元での開催となったので足を運んだ次第です。

絵は心の機微を昇華した作品となり、見る側に力を与えてくれます。
また、きちんとかけた絵は構図もいいし、色も綺麗でした。
詩にはウイットに富んだものもあり、その横に英語で訳されてたのを見る楽しみもあり、
かなり見どころありました。
事前に個人的に富弘に書を進めてお世話した方からの情報を聞いていたので、
例えば、色を作る奥さんに八つ当たりしたとか、
そんなインサイドの話を頭で反芻しながら(これは綺麗事じゃないぞ)と見てました。

展覧会ですが、しっかり見てるうちに気になったところが・・・

まず、落款の横にある鉛筆での2/6とか3/4とかの記載。
通常版画ならすったものの番号を入れるんですが、富弘の絵は透明水彩。
同じ数字が何枚もあるから日付でもない。
それから、
その鉛筆の文字と、絵の中にある鉛筆の色が違う。
・・・これはもしかしたらレプリカか?
あと、展示の方法だけど、普通は時代順になってるんだけど、それがバラバラ。
腕を上げたとか、画風が変わったとかの比較ができないようになっている感じ。
最近の作品は紙がよれてて装丁が悪い。もしかしたらこれが本物なのかも?
いづれの作品も肉筆感が薄い。

そばにいたスタッフにお聞きしたところ、
数字は管理番号・・・つまりレプリカと判明。
そうか、本物は群馬の「富弘美術館」にあるのか?
こういう美術展ってレプリカを見るところなんだ〜なんだかガックリ。
口で描く筆圧とか見たかったんだけど。

ということで、別の面でいろいろ面白かったです、はい。

今日書きたい一言

購読してる産経新聞の魅力の一つが
曽野綾子さんのコラムを読むことです。
思わず膝を叩きたくなる、根源的な人間的な内容が多いです。

今日は「どんな個性にも必ず適職がある」というタイトルで、
特に気に入ったところが

「多くの場合、欠点と思われる特性は、
それを意識して使えば、必ず強固な才能だ。
簡単な論理である。
人の持っていない特性なのだから、必ず使い道がある」

表向きばかり気にしていて、つい忘れがちな考え。
とても力強い、勇気もらえる文章だと思います。

写真は主人の趣味の鈴虫。卵から育てて、今、毎日大合唱。


保育士資格試験合格!

昨年12月に保育士試験を受験しましたが絵画が不合格ということで、

HP検索でこちらにたどり着いたSさん(60歳)。

それまでは通信教育などで独学して挑んだそうですが、

すっかり自信を無くしてしまったそうです。

現在元の勤務先に嘱託中ですが有給休暇を利用して月1回程度なら教室に通えると思い、

今年7月の再度受験を目指し、さとうデザイン絵画教室での受講を決めたそうです。

 

時間的に今からなら大丈夫と思い、お手伝いをお引き受けしました。

 

通信教育では、確かにいい本をお使いのようでしたが、

どうしても判断が自己流になってしまい、

出題者の本意を汲み取ることができず、また、応用も利かないということがよくあり、

違う方向へ力を向けてしまう恐れがあります。

Sさんもそのジレンマに悩まれていたようです。

やはり、

鉛筆の持ち方から、画材の選び方、色の塗り方、進め方など、

実際に眼の前で気がついて知っていくことが要となります。

 

レッスンでは毎月宿題を出し、それを元に指導していきました。

試験は一人で受けるので、1つでも家でできることを多くする=力をつける、というのがこちらからの狙いで、

Sさんはメキメキ腕を上げ、自信もつけ、7月の最終レッスンでは、ご自身でも「いけるぞ!」との手応えを感じたそうで、

余裕での受験だったそうです。

 

いつも保育士資格試験受験者にいい続けていることなんですが、

「こんな絵を本当に子供に見せていいの?」ってw

 

自信を持ったSさん。

絵が楽しいことをたくさん伝えていける、いい先生になると思います。

おめでとうございます!!

0 コメント

「アドルフ・ヴェルフリ」展@東京ステーションギャラリー

(ステーションギャラリー版は、左下の黄色枠内横書き )

 アウトサイダーアート(アール・ブリュット)の作家として世界的な評価を得ている。

1864年にスイス・ベルンに生まれ、1895年から生涯を精神病院で過ごした。

病院内で絵画や叙事詩の制作を自主的に開始し、

1930年の逝去までに全45冊2万5千ページに及ぶ作品を遺している。

同展では、物語性を持った連作『葬送行進曲』『揺りかごから墓場まで』『地理と代数の書』『歌と舞曲の書』から抜粋した作品などを展示。

いびつな曲線と正確な線の間を細い文字や数字、音符、動物、自画像などで
ぎっしり埋め尽くしているのだが、
全て新聞用紙に鉛筆と色鉛筆で描かれていて、イコンのような、
古めかしい感じを醸し出している。

人の顔(それもこっちを向いている)が苦手な私は、
そばによるとあっちにもこっちにも見つかって、怖い。とても耐えられない。

絵画は私にとって安らぎであって欲しいので、
心臓をえぐるような有機的な形とか色は目眩さえして、とても耐えられなかった。
私が今までそんなに展覧会に足を運ばなかったのは、
そんな絵の中の怖さを見たくないというあたりだったんだと再認識した。

東京ステーションギャラリーは、東京駅の中にある。
行ったことがなかったので、いい機会となった。
シリンダー部分が階段になっていて、
3階から階段を降りて次のフロアーに進む形になっている。
壁は当時のレンガそのままで、トイレもそんな感じ。




その後はおきまりの「東京おかしランド」で、カルビーブースの揚げたて「ポテリコ」とぐりこやの揚げたてアーモンドを買って息抜き。
開店当時に来た時はそれはすごい人だかりだったけど、空いてたなあ。
もう5年も経ってしまったのね。

帰りの丸ノ内線東京駅で観光ガイドの冊子を発見。

外国人観光客目線が面白い。

とても読みやすくレイアウトされてて、

おすすめ散策コースも記載。そのまま歩いてみようかな。

0 コメント

最近の作品から

年長さんKくんの作品です。

使える、紙の袋を作りましたが、

お母さんが、お部屋のインテリアとして素敵にディスプレイしてくださってます!

続きを読む

体験レッスンについて

当教室ではどなたも30分千円で体験レッスンを実施しております。

まずは、本レッスン開始になった時の費用をHPで確認をしてからいらしてください。

 

当日、画材はこちらのものを使いますので、手ぶらで結構ですが、
参考に今まで書いた絵をお持ち下さいますと、体験レッスンの内容を考える事が出来ます。

また、今後のレッスンでの方向性を決める事が出来ます。


しかし、体験レッスンだけで上手くなる物ではありません。

たまに、体験レッスンサーフィンをされてる方にお会いしますが、振り回されているお子様が気の毒になったりします。

体験レッスンでは、拙宅でのレッスンの場合、通えるか、

私と馬が合うか、等を見る機会であって、

馬が合わなそうならそのままお帰り下さってよいのです。

貴重な時間と費用を頂くのですから、ぜひ私を品定めしてください。

気に入って頂けて、

では本レッスン開始しましょう、という事であれば、その後の30分ぐらいでこれからの事を話し合います。

本レッスンの回数ですが、

特にお子様の場合、いい絵画習慣をつけて、学校での成果も上げたいので、

毎週のレッスンがベストです。

少なくても月3回のレッスンを考えて下さい。

例えば月1回(小学生)では年12時間。

1日6時間の集中にすればたったの2日分です。

12時間描いただけで、上手くなるものなのでしょうか?

残念ながらそんなものではありません。

絵を忘れてしまう時間の方が多くて、絵を描く習慣がつかず、毎回初回の気持になって、せっかくのお月謝が無駄になります。

 

どうぞ上記ご考慮の上お尋ね下さい。

 

 

 

 

続きを読む 2 コメント

聖徳記念絵画館

神宮外苑。
今はなき国立競技場の隣にある、「絵画館」という言葉のイメージからは程遠い、
国会議事堂の様な建物に圧倒されての、鑑賞でした。
神宮外苑って、首都高速の外苑前ってのしかイメージできなかったプアな私ですが、
「明治神宮外苑」、つまり、明治天皇の神社の外の公園だったんですねえ。。。

月曜日に都心に出るついでに観れる美術館はないかと、
探して見つけた所です。

チケット売り場で「中は暖房きいておりませんのでこれをどうぞ」と。
ホッカイロを半券と共に渡されました!
こんな美術館はじめて〜〜〜〜〜〜!
確かに中はひんやり。

館内には、明治天皇・昭憲皇太后の御在世中の御事蹟を伝える大壁画(縦3m横2.5~2.7m)が、
画題の年代順に展示されており、当時の出来事を時代を追って見ることができます。
明治神宮外苑の造営の主たる目的でもある建物ということで、
神宮外苑は旧青山練兵場といわれ、馬場であったというのも、知らなかったです。
歴史とか嫌いでしたからね、お恥ずかしい。

年代順に、前半は日本画40点、後半は油絵での洋画40点の展示です。

宮廷画家ってのかなー。色々制約もあるなあと感じました。
明治天皇のお顔は御簾に隠されたりしてて。

後半は日露戦争だのそれはそれは大変な事になってしまった絵ばかりで、
難儀な時代にお生まれになったなあと思いました。

前半の日本画で、ご生誕が1852年。
この頃は遠近法は取り入れられてなかったようで、佇まいがかなり歪んでいます。
後半の油絵になると、遠近法は天皇に目が集まる様な一点透視法が使われて描かれています。
日本画では雲や霞で遮られていた物が、
油絵ではシッカリ描かれてしまって、とても現実的だったのが印象的でした。

日本人なのに何も知らない私を知ってしまった・・・

帰りは「国立競技場前」から大江戸線に乗ったのですが、
国立競技場跡地からは体育館がなくなったので富士山が見えるとか言われてるけど、
そばすぎて作業中の鉄壁が聳えてて、なーんもみれなかったです。

0 コメント

「始皇帝と大兵馬俑」展

10月27日〜2月21日開催・東京国立博物館
宣伝効果もあって、平日の夕方というのに結構混んでました。

学生の頃覚えた名前をもう一度おさらいというかんじでのスタート。

今から約2200年前のことというから、全く驚きです。
当日使われていた装身具や武器はもとより、
面白かったのが、始皇帝の都市計画。
インフラ技術ともいわれる、組み合わせ式の陶製の水道管や、
重量単位を統一するための、規準となる重りとか、天下統一後の色んな知恵が
形として残ってる事でした。

そんな出土品をずっとみた後で、
高いしきりでしきられたスロープを上がって行くと、
そこに開けていたのは、
まるで掘り出したばかりのようにずらーっと並んだ兵馬俑像たち。
なかなか心憎い演出!
始皇帝になった気分をしばし味わえます。

兵馬俑の大きさは等身大で、180センチぐらい。
まじまじそばで見ると,気迫も感じられ、圧巻です!
目がいい。表情がいい。
実にいい仕事している!

さらにスタイルから階級や何の兵隊かも分かる。、
それらは粘度で作って焼いて、それに彩色してたってからに、
ずいぶんと手が込んでいる。驚きです。
寒い土地を感じる分厚い綿入れのような服装で、足は短いのですが、
武将の風格のどれにも力強さを感じます。

副葬品はどれも同じ顔や同じスタイルだと思ってたけど、
これは一つ一つ顔形が違う。
実在する精強な秦の軍隊の兵をモデルに1体、1体の兵馬俑を焼かせたわけで、
つまり、この8000人にはすべてモデルがいたということ!

 

そんな始皇帝だけど、中国統一後、わずか15年で秦が滅亡してしまったのであります、涙を誘います。

しかし。よくまあ。こんだけのものが残ってたもんだ。
中国、まだまだ歴史を変える様な掘り出し物たっくさんかも??

いや〜やっぱ本物は迫力ある。得る物がある。感動がある。
まだやってるから、みてみては!

0 コメント

保育士資格試験合格!

ご指導させて頂いたKさんは、
保育士資格試験対策のために、当レッスンを利用された方です。
試験に出る、苦手な絵を克服したいということで、
9月の24日からやり取りをはじめました。
試験は10月半ば。
この時点で、もうギリギリだな~と思っていましたが、
フルタイムでお仕事しながら、子育てしながらのちょ~多忙な方だったので、
お子さんの預け先の手配、ご主人の出張と、日程が合わず、
結局スタートは10日後の10月4日になってしまいました。
Skypeレッスンも勧めましたが、環境が整わないという事で、私が出張する形になりました。
そのため、初レッスンまでたくさんメッセージのやり取りしました。
●今の段階
●過去問の列挙
●問題傾向の自己分析
●今出来ない事、強化したい所
●試験まで絵にどのぐらい時間をかけられるか
など細かく確認できましたので、
ほぼ半月しかないけど、出来そうな感触が伺えました。

実際お会いして、絵柄をみて合格の「ツボ」を一つ一つ伝授致しました。
今まで習ったやり方と違う・・・と、悩んでしまった部分(例えばぬり方など)もありましたが、
合格を睨んだ最短の方法として理解して頂くしか無いと、受け入れてもらいました。

試験前日までみて、かなり腕前が上がったのも確認できました。

合格へ導いた物はお互いの資料の多さと自習時間が確保出来た事でした。
試験はひとりでやるもの。
他力本願ではなく、自主的な気持が原動力になります。
とてもいい仕事をさせて頂き、私も満足してます!
Kさん、いい先生になってね!

2 コメント