パリで見てくること

左が10/19からパリで開かれる「Discover The One Japanese Art 2018」という
展覧会に出展する作品です。

以前に描いた、干支の色鉛筆画からいかにも日本っぽいもの

3点をまとめました。

会場のあるマレ地区
本展会場となる「Galerie JOSEPH Saint Martin」は、パリ20区内で最もアートギャラリーが集まるマレ地区に位置。17世紀の建物が立ち並ぶ歴史地区はパリ旧市街の異名を持つ一方、ピカソ美術館やポンピドゥー・センターなど近代美術の最高峰の施設があり、幅広い文化・芸術の発信地として知られています。

 

それに伴ってノコノコついていくわけです。

今まで海外旅行は自分が言葉が話せる国しか行っていないので、

ラテン圏はお初なのです。

付け焼刃でフランス語をかじってみたものの、

パリなら大たい英語が通じるよということで、放り出しましたw

 

右がそのポスターのようですが、なんともまあ、ジャポネスクだこと!

100点近くが展示されるということで、

他も楽しみです。

 

まず見てきたいことは、

お客さんはどんな風に私の作品を観てくれるか、です。

色鉛筆画と気付いてくれるといいんですが、

写真と思われたらきっと素通りだろうから・・・。

 

美術に携わるものとして、

ルーブル、オルセー、ポンピドゥー、オランジュリー美術館は行ってきます!

ルーブルでは、

受験の時に描いた石膏像が360度見れるだろうということで、

ぐるぐる回ってじっくり見るつもりです。

多分、モナリザとかは、パンダ並みだろうからw

 

体験としてはマイ香水を作ってこようと思います。

フランス人の個人のお店を探し、予約したところです。

 

アールヌーボーも写真撮ってきます!

本当はパリの美大、エコールデボザールとか潜入したいところだけど、8日間のスケジュールだし、

画廊にも顔出したいし・・・。

体力持つかなあ〜??続く。

 

 

 


0 コメント

牛描きました

以前のものは薄い紙に描いたために、

ヘロヘロで、パリに持っていけないな〜と思い、

牛写真家、高田千鶴さんの協力のもとに、

作画しました。

以下、下書きから完成の様子をお見せします。

苦労した点は、黒い牛のてらっとした感じと、同じ黒だけど、ホルスタインのそれとは違う色を出すのが難しかったです。

また、いつもどこまでをどの大きさで書こうか、どこで切ろうか、どこにサインを入れようか、など悩ましいところで、

今回は四角を先に切ってその中に描いていきました。

目が青く綺麗に行ったのは良かったと思います!


0 コメント

牛写真家、高田千鶴さん

以前描いた、牛の絵ですが、当時はサイトアップや印刷のことを考えていなかったので、薄い紙に描いてしまい、

今取り出したらヨレてとてもお見せできる状態ではないことに気がつき、牛を描き直すつもりで素材探しをしていたら、

「牛写真家、usicamera」の肩書きで活躍されてる、

高田千鶴さんを見つけました。

女性目線での彼女の写真は優しさに溢れ、

すぐ気に入りました!

http://ushi-camera.com/

写真集も出され、イベントや牛のエッセイなども連載されて、素晴らしい活躍ぶりも素敵です。

 

お住まいもお近くということで、

早速、ダメ元でコンタクトを取ったら、私の描く絵を気に入ってもらったことで、写真を快く紹介していただけることになりました!

私の描く絵に期待してくださってるとのこと、カツが入ります。

志を持てば、こうやって、桃太郎のお話のように、一人一人賛同者が集まってくるんだな〜と感動の真っ最中です。

ということで、嬉しくて早速、書き始めました。乞うご期待!

 


0 コメント

うさぎ描きました

おなじみ色鉛筆画シリーズです。

うちに飼っている「もふもふ」は抱くことができない、凶暴なメスです。

なんとかスマホに慣れて、ポーズ取ってくれたので、

ようやく写真から起こすことができました。

制作過程を追っていったら、着手が今年の2月だったんで、相当楽しみながら

ちまちま描いていたのね〜と笑っちゃいました。

いかに制作過程をアップします。

 

全体から淡く色をのせ、一番大事なお顔は最後、まず失敗してもいい辺りから

様子を見ながら塗ります。

耳→左足→胴体→右足→お腹→左顔→右顔→ヒゲとバックです。

 

今回バックはさらっと色鉛筆のタッチそのままにしました。


0 コメント

夏休み作品で腕を上げよう!


学校からの夏休みの宿題は、

お子様を成長させるいい機会。

がっつり取り組んで、

お子様の想像力、構成力、画力を上げませんか?

当教室に来るお子様たちは、

皆もともと絵が得意な方ばかりではありません。

しかし、

夏休みの宿題で、一つのテーマに取り組むことによって、

何かを表現する喜びを通して、グッと絵が上手くなっているだけではなく、頭の回転もよくなっていることに毎回驚かされます。

 

 

受賞によって、達成感!

自分の絵が公に認めてもらえる嬉しさ!

素敵な景品がもらえる!

受賞歴が受験に書き込める!などいいことづくめです。

 

当教室では、夏休みだけのレッスンも受け付けております。今からでも遅くないので、

ぜひご検討、お問い合わせください。

今年はいつも違った夏休みになることでしょう!

0 コメント

最近の作品から

年長さんKくんの作品です。

使える、紙の袋を作りましたが、

お母さんが、お部屋のインテリアとして素敵にディスプレイしてくださってます!

続きを読む 0 コメント

体験レッスンについて

当教室ではどなたも30分千円で体験レッスンを実施しております。

まずは、本レッスン開始になった時の費用をHPで確認をしてからいらしてください。

 

当日、画材はこちらのものを使いますので、手ぶらで結構ですが、
参考に今まで書いた絵をお持ち下さいますと、体験レッスンの内容を考える事が出来ます。

また、今後のレッスンでの方向性を決める事が出来ます。


しかし、体験レッスンだけで上手くなる物ではありません。

たまに、体験レッスンサーフィンをされてる方にお会いしますが、振り回されているお子様が気の毒になったりします。

体験レッスンでは、拙宅でのレッスンの場合、通えるか、

私と馬が合うか、等を見る機会であって、

馬が合わなそうならそのままお帰り下さってよいのです。

貴重な時間と費用を頂くのですから、ぜひ私を品定めしてください。

気に入って頂けて、

では本レッスン開始しましょう、という事であれば、その後の30分ぐらいでこれからの事を話し合います。

本レッスンの回数ですが、

特にお子様の場合、いい絵画習慣をつけて、学校での成果も上げたいので、

毎週のレッスンがベストです。

少なくても月3回のレッスンを考えて下さい。

例えば月1回(小学生)では年12時間。

1日6時間の集中にすればたったの2日分です。

12時間描いただけで、上手くなるものなのでしょうか?

残念ながらそんなものではありません。

絵を忘れてしまう時間の方が多くて、絵を描く習慣がつかず、毎回初回の気持になって、せっかくのお月謝が無駄になります。

 

どうぞ上記ご考慮の上お尋ね下さい。

 

 

 

 

続きを読む 2 コメント

聖徳記念絵画館

神宮外苑。
今はなき国立競技場の隣にある、「絵画館」という言葉のイメージからは程遠い、
国会議事堂の様な建物に圧倒されての、鑑賞でした。
神宮外苑って、首都高速の外苑前ってのしかイメージできなかったプアな私ですが、
「明治神宮外苑」、つまり、明治天皇の神社の外の公園だったんですねえ。。。

月曜日に都心に出るついでに観れる美術館はないかと、
探して見つけた所です。

チケット売り場で「中は暖房きいておりませんのでこれをどうぞ」と。
ホッカイロを半券と共に渡されました!
こんな美術館はじめて〜〜〜〜〜〜!
確かに中はひんやり。

館内には、明治天皇・昭憲皇太后の御在世中の御事蹟を伝える大壁画(縦3m横2.5~2.7m)が、
画題の年代順に展示されており、当時の出来事を時代を追って見ることができます。
明治神宮外苑の造営の主たる目的でもある建物ということで、
神宮外苑は旧青山練兵場といわれ、馬場であったというのも、知らなかったです。
歴史とか嫌いでしたからね、お恥ずかしい。

年代順に、前半は日本画40点、後半は油絵での洋画40点の展示です。

宮廷画家ってのかなー。色々制約もあるなあと感じました。
明治天皇のお顔は御簾に隠されたりしてて。

後半は日露戦争だのそれはそれは大変な事になってしまった絵ばかりで、
難儀な時代にお生まれになったなあと思いました。

前半の日本画で、ご生誕が1852年。
この頃は遠近法は取り入れられてなかったようで、佇まいがかなり歪んでいます。
後半の油絵になると、遠近法は天皇に目が集まる様な一点透視法が使われて描かれています。
日本画では雲や霞で遮られていた物が、
油絵ではシッカリ描かれてしまって、とても現実的だったのが印象的でした。

日本人なのに何も知らない私を知ってしまった・・・

帰りは「国立競技場前」から大江戸線に乗ったのですが、
国立競技場跡地からは体育館がなくなったので富士山が見えるとか言われてるけど、
そばすぎて作業中の鉄壁が聳えてて、なーんもみれなかったです。

0 コメント

「始皇帝と大兵馬俑」展

10月27日〜2月21日開催・東京国立博物館
宣伝効果もあって、平日の夕方というのに結構混んでました。

学生の頃覚えた名前をもう一度おさらいというかんじでのスタート。

今から約2200年前のことというから、全く驚きです。
当日使われていた装身具や武器はもとより、
面白かったのが、始皇帝の都市計画。
インフラ技術ともいわれる、組み合わせ式の陶製の水道管や、
重量単位を統一するための、規準となる重りとか、天下統一後の色んな知恵が
形として残ってる事でした。

そんな出土品をずっとみた後で、
高いしきりでしきられたスロープを上がって行くと、
そこに開けていたのは、
まるで掘り出したばかりのようにずらーっと並んだ兵馬俑像たち。
なかなか心憎い演出!
始皇帝になった気分をしばし味わえます。

兵馬俑の大きさは等身大で、180センチぐらい。
まじまじそばで見ると,気迫も感じられ、圧巻です!
目がいい。表情がいい。
実にいい仕事している!

さらにスタイルから階級や何の兵隊かも分かる。、
それらは粘度で作って焼いて、それに彩色してたってからに、
ずいぶんと手が込んでいる。驚きです。
寒い土地を感じる分厚い綿入れのような服装で、足は短いのですが、
武将の風格のどれにも力強さを感じます。

副葬品はどれも同じ顔や同じスタイルだと思ってたけど、
これは一つ一つ顔形が違う。
実在する精強な秦の軍隊の兵をモデルに1体、1体の兵馬俑を焼かせたわけで、
つまり、この8000人にはすべてモデルがいたということ!

 

そんな始皇帝だけど、中国統一後、わずか15年で秦が滅亡してしまったのであります、涙を誘います。

しかし。よくまあ。こんだけのものが残ってたもんだ。
中国、まだまだ歴史を変える様な掘り出し物たっくさんかも??

いや〜やっぱ本物は迫力ある。得る物がある。感動がある。
まだやってるから、みてみては!

0 コメント

保育士資格試験合格!

ご指導させて頂いたKさんは、
保育士資格試験対策のために、当レッスンを利用された方です。
試験に出る、苦手な絵を克服したいということで、
9月の24日からやり取りをはじめました。
試験は10月半ば。
この時点で、もうギリギリだな~と思っていましたが、
フルタイムでお仕事しながら、子育てしながらのちょ~多忙な方だったので、
お子さんの預け先の手配、ご主人の出張と、日程が合わず、
結局スタートは10日後の10月4日になってしまいました。
Skypeレッスンも勧めましたが、環境が整わないという事で、私が出張する形になりました。
そのため、初レッスンまでたくさんメッセージのやり取りしました。
●今の段階
●過去問の列挙
●問題傾向の自己分析
●今出来ない事、強化したい所
●試験まで絵にどのぐらい時間をかけられるか
など細かく確認できましたので、
ほぼ半月しかないけど、出来そうな感触が伺えました。

実際お会いして、絵柄をみて合格の「ツボ」を一つ一つ伝授致しました。
今まで習ったやり方と違う・・・と、悩んでしまった部分(例えばぬり方など)もありましたが、
合格を睨んだ最短の方法として理解して頂くしか無いと、受け入れてもらいました。

試験前日までみて、かなり腕前が上がったのも確認できました。

合格へ導いた物はお互いの資料の多さと自習時間が確保出来た事でした。
試験はひとりでやるもの。
他力本願ではなく、自主的な気持が原動力になります。
とてもいい仕事をさせて頂き、私も満足してます!
Kさん、いい先生になってね!

2 コメント